【2017年5月26日19:00~】RINOS MUKUWURIRWA SIMBOTI JAPAN LIVE TOUR 2017

MBIRAという楽器を知ってもらいたい気持ちもありますが、それ以上にSimbotiから奏でられる音が、日本の国土にいる存在にどういう衝撃をもたらすのか、ということに気持ちが向いています。彼は、これまでライブという形をとって演奏することはありませんでした。儀式でしか演奏してこなかった。1000年以上に連なる儀式で演奏してきた存在の奏でる音に出会ってもらい、これまで見せようとしてこなかったものが再び見えるようになるなら、とてもうれしくおもいます。(主催者 実近修平)

MBIRAについて
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

【RINOS MUKUWURIRWA SIMBOTI JAPAN LIVE TOUR 2017】
日 時:2017年5月26日(金)19時~(開場 18時)
場 所:気流舎(下北沢)https://goo.gl/maps/yQvaDd7Zn262
会 費:前売4,000円(当日4,500円)
※ 要予約。当日も空席がありましたら入場可能です。
予約・お問合せ先 → kailashseika@gmail.com(担当:田畑 090-6068-7115)
※1ドリンクオーダーお願いします。

【プロフィール】

Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)
1952年生まれ。
1972年にショナ族伝統の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏するようになる。現在まで儀式のための演奏家として知られている。儀式での演奏者で師の教えを受け継ぎ伝える者、またMBIRAの製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。人々はそのトーテムをとってSimbotiと呼んでいる。

実近修平(さねちか しゅうへい)
1981年生まれ。
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝統曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてライブ活動をしている。

「MBIRAは聖典のようなものだ
MBIRAのなかに この地球で起こる
すべてのことを みることができる」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です