【2017年5月13日16:00~】Fountainsun ライブ

ポスト・ハードコアの重鎮がゴシック・アメリカーナを経由してたどり着いた光あふれる桃源郷。アコースティックなスモール・アンサンブルならではの親密さをたたえながら、ダニエル・ヒグスのシアトリカルなパフォーマンスにシュールリアリスティックでアナーキーなアメリカの裏側が透けてみえる唯一無比のサイケデリック・フォークをご堪能ください。

ファウンテンサン(Fountainsun):
米バージニア州アーリントンのシンプル・マシーンズ、ワシントンDCのディスコード・レコーズからの諸作で知られるボルチモアが生んだポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュのフロントマン/詩人のダニエル・ヒグスがニューヨーク経由写真家/ マルチ演奏家であるフミエ・イシイとはじめたプロジェクト。

2015年秋デビュー作『Music Today』をリリースし初来日ツアーをしたFountainsunが、2枚目のアルバム『Sweep The Temple』の国内盤リリースと共に再来日ツアーをする、その第一弾を気流舎にてスタート。ユニークでヒプノティックな楽曲で観客をインターナルワールドへの旅に誘導します。

【Fountainsun ライブ】
○ 日 時:2017年5月13日(土)16:00~
○ 場 所:気流舎(下北沢)https://goo.gl/maps/yQvaDd7Zn262
○ 参加費;投げ銭
※1ドリンクオーダーお願いします。

プロフィール:ファウンテンサン(Fountainsun)
ワシントンDCの名門ディスコード・レコーズより11枚のアルバムをリリースしてきたポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュのフロントマンであるダニエル・ヒグスが、写真家/アーティストとして長く米国で活動するフミエ・イシイとはじめたニュー・プロジェクト。ヒグスのシャーマニスティックな語りとイシイの無垢な歌声が同居するエキゾチックなユニバーサル・フォーク・サウンドをトレードマークに、現在はワシントン州オリンピアを拠点に活動中。これまでにリリースしたアルバムは『Music Today』(2015年)と『Sweep The Temple』(2016年)の2枚。なお、2017年5月には『Sweep The Temple』の国内盤リリースと共に全国8公演からなる再来日ツアーを予定している。
http://fountainsun.com/

『Sweep the Temple』
https://fountainsun.com/2016/11/23/sweep-the-temple/

ダニエル・ヒグス(Daniel Higgs):米メリーランド州ボルチモア出身。ハードコア・バンド、レプタイル・ハウスを皮切りに、その後1987 年にポスト・ハードコアの怪魚、ラングフィッシュを生み落としたシンガー/詩人。ラングフィッシュはシンプル・マシーンズよりデビュー後、ワシントンDC のディスコード・レコーズより11 枚のアルバムを発表、また、ソロ活動と並行してコーン・オブ・ライト、他にもザ・ピューピルズ、スカル・デフェクツといったバンドにも参加している。ビジュアルアーティストとしても知られ、最近ではエンジェル・デラドリアンやエンジェル・オルセンなどのジャケットも手がけた。かつてはタトゥー・アーティストとして知られ、アメリカのアンダーグランドシーンでは多大な敬意を払われる。
Daniel Higgs:http://www.thrilljockey.com/thrill/Daniel-Higgs/#.VXabH1ztmko

石井文得(いしい・ふみえ): 東京生まれNY経由の写真家、マルチ演奏家、パートタイム・ファーマー。ほかにもドローイングやジンの制作なども手がけ、自身のブログ、オムニプレゼント・ジャーナルも主宰。現在はヒグスと共に全米各地をツアーしながら音楽アート活動を展開している。
Fumie Ishii:http://fumieishii.com/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です