【2017年1月28日】 モビリティーズ・カフェ vol.8

「モビリティーズ・カフェ」は、社会学者ジョン・アーリの代表作『モビリティーズ 移動の社会学』(作品社, 2015年)を読む読書会です。
 年明け初のお題は、第8章「つながる、想像する」です。第4章は歩くこと、第5章は鉄道、第6章は自動車、第7章は飛行機をテーマとして進んできました。本章では、こうした交通や旅行といった研究と切り離されがちだった通信、ネットワークを掛け合わせながら「移動」のあり方を考えて行きます。この読書会を企画しようと思った動機として、「定住主義」への違和感が大きかったのですが、もう一つはこの章でも語られている対面でのコミュニケーションとオンライン上のコミュニケーションの補完関係のとらえ方に共感した点にありました。なので、本章を読むなかで、この読書会自体のあり方についても考え直す機会になったらいいなと思っています。
 それでは、読書会に参加希望の方は、対象となる第8章を事前にある程度読んで来てください。
 なおこの読書会は、対面での場(気流舎)とオンラインでの場(slack)と二つの場を持ちながら進めています。コミュニケーションの視点から学びの場づくりについて実践的研究を行っており、日本生活学会「生活学プロジェクト」の一環事業として運営しています。

【モビリティーズ・カフェ vol.8】
日 時:1月28日(土)11:00~13:00
場 所:気流舎(下北沢)
参加費:無料(資料代は投げ銭)
1ドリンクオーダーをお願いします。
(Skypeで参加ご希望の方はID:onaishihoに申請してください。)
※午後は有志でフィールドワークの予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です