【本の紹介(古書)】「ブラック・マシン・ミュージック」〜ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ〜 野田努・著

【本の紹介(古書)】

「ブラック・マシン・ミュージック」

〜ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ〜

野田努・著

かつて『ele‐king』という、なぜかインスタグラムを先取りしていたような、真四角の雑誌がありました。最近この雑誌は復活してますけど。そっちは四角ではないです。

この本に収録されている『ele‐king』の文章は、デトロイト・テクノの一番よかった時代の現地リポートなど、むちゃくちゃ熱くデトロイト・テクノを語っていて、当時読んでいる方も熱くなりました。

そのあたりの話が再録されている本です。とても重要な本だと思います。

バルセロナ、ベルリンに続き、クリエイターの方々が注目している場所として、これからはデトロイトだという声も高い街、この本読むしかないでしょ。

(tintin)

この渾身の大作は、クラブ・カルチャー、クラブ・ミュージック、現代の黒人音楽に関心をもつ人間にとって今後、必携の書となることは間違いない。(「文藝」酒井隆史 評より)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です